「教える」から「まなぶ」へ

個人のHPのタイトルを変更しました。


「生物「を」教える視点 生物「で」教える視点」


から


 「生物「を」まなぶ視点 生物「で」まなぶ視点」


にしました。


AL型授業では、「(教師が)教える」から「(生徒が)学ぶ」への質的転換がまず意識されます。
今年度の初回授業オリエンテーションでも、スライドの冒頭に、
「この授業では、教えるより学ぶことを大切にしています」
と書きました。
この一年くらいで、そのあたりがかなり整理されてきたというのに、HPのタイトルに鈍感なままでした。
違和感を感じつつも、そのままにしてしまったという感じでしょうか。
しかし、先日の山本先生の


”情報を学ぶ
情報で学ぶ”


”教科の内容を指導するということは、「を学ぶ」、「で学ぶ」の両面あるけど、受ける立場からすれば「で学ぶ」ことが生きるうえで必要になっている”


という表現を見て、「そうか!簡単なことではないか」と気付き、変更してみました。
「学」と「習」の両方を何とか入れられないか、とも考えましたが、ここでは「まなぶ」を採用しました。
漢字ではなくひらがななのは、「しなやかさ」や「柔軟さ」を連想しやすいかなぁという勝手な思い込みです。
それに、「”まなぶ”は”まねぶ”」ということもあります。


HPのタイトル、というようなレベルのものでも、「ベター」を見見つけたら変容を躊躇しないということが大切だと思いました。
一週間ごとに変えるような気まぐれではないはずですが・・・今の自分にはこの方がしっくりきます。