サンフレッチェの母

「サンフレッチェの母」をしのんで。突然この世を去った、あるスタッフの話。(中野和也)


「人の心に寄り添う」こと、そしてそれを続けることは、簡単なことではありません。
僕も、闘莉王選手のようにとんがっているときに、ひたすら寄り添ってくれた恩人がいます。
その方も、「自分は黒子でいい」という方でした。
今、僕が教員を続けていられるのは、その方のおかげです。

 

死んだときにどれだけの人の心にどれだけ深く残るか。
それは、その人の生き様そのものだろうと思います。
「サンフレッチェの母」の生き様も、この記事からすごく伝わってきます。

 

僕は、誰かの心に深く残りたいという願望はあまりなくなってきました。
でも、目の前の誰かに対して、必要なときには壁となり、必要なときには寄り添い、その人の人生の、ある一時の「踏み台」になれればとは思っています。

どんな生き方をすれば幸せなのか。
そんなことを考えるヒントをくれる1人の女性の生き様です。