解釈の余白

Mr.Children桜井和寿 政治的発言しない理由は「音楽への誠実さ」

この記事を読んで、「だから僕はMr.Childrenが好きなんだ」と思いました。
それぞれの曲の「余白」が、僕の人生の様々な場面で顔を出し、それを自分なりに解釈して、人生の推進力としてきました。
また、いわゆる「ラブソング」も、単なる男女愛ではなく、もっと大きな愛を歌っているようなものも多いように感じます。

 

自分が大切だと思うメッセージを、自分が信じる表現で伝える。
でも、押し付けるわけではなく、「解釈の余白」を残しておく。
平和や愛を考え続ける桜井さんのこのスタンスは、見習うべきところが大きいです。

 

明日、東京ドームで「未完ツアー」に参戦します。
桜井さんからどんなメッセージが発せられるのか。
また、今の自分はそれをどう受け止めるのか。
今から楽しみです。