悔いのない人生を送るということ

一昨日、『学び合い』に熱心な偉大な実践者の方が亡くなったそうです。
僕は直接にはお会いしたことはありませんが、様々な方の気持ちの溢れた言葉の数々と、その方のFacebookのページにあった写真の信じられないような人の輪を見て、本当に大きな方だったのだなと感じました。

その方はどんな気持ちで生き、そしてどんな気持ちで最期を迎えたのだろう。
そして、僕自身はどんな気持ちで生きているだろう。
どんな気持ちで最期を迎えるだろう。
様々な想いがよぎります。

 

ネイティブ・アメリカンの教えにこんなものがあります。

 

「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい」

 

ネイティブ・アメリカンの深淵な言葉は、現代の日本人の心に共鳴

 

また、佐藤ひな子先生に紹介いただいたこんな言葉もあります(ガンジーの言葉のようです)

 

「明日死ぬと思って生きなさい。
永遠に生きると思って学びなさい」

 

アドラー心理学では、人生は連続する刹那であり、「いまここ」が大事であると言っています。

 

THE BOOMの「It's Glorious」という曲にはこんな歌詞があります。

 

「今日の日は残された時間の最初の一日」

 

今日も、いつか来る死に向って、限りある生を悔いのないように生きるのみです。