誕生日

昨日は、子どもの1才の誕生日でした。
奥さんが、こんなことを言っていました。


今まで誕生日って嬉しいものだとは思っていたけど、こうして子どもの1才の誕生日を迎えてみると、本当に嬉しいものだと思う。
病気をしたり、頭をぶつけたり、色んなことがあったけど、こうして元気に誕生日を迎えることができた。
それってすごいことだと思う。
誕生日をお祝いするっていうのは、こうして一年間無事に過ごせたことの感謝とお祝いなんだなぁ。


色々な人が似た表現で語ってきたことだと思いますが、「自分事」になると、感じ方が全く違います。
1年前に生まれてきてくれた感動。
それから日々を無事に過ごせた感謝。
積み重ねた日々への愛おしさ。
そんなことを噛みしめる日が誕生日なのでしょう。
そして、「区切り」としての誕生日も大事ですが、日常の中でも同じ思いを感じながら過ごすことが「幸せ」なのだと思います。

ゆうちゃん、誕生日おめでとう。


そして、忘れてはいけない、奥さんの「お母さん1周年」。
僕自身は忙しくてあまり家のことができていませんが、その分を補ってもあまりあるほど、愛情たっぷりに子どもと向き合ってくれています。
奥さんにも最大限の感謝を込めて。

おかあさん1周年おめでとう。