自由な校風は東大合格につながるか

速報!東大合格者数上位校の知られざる素顔


教育活動の「目的」は何か。
また、生徒目線では、学校での学びの「目的」は何か。
それを、「東大合格者数」だけにスポットを当てて見ることは、本質的ではありません。
けれど、東大合格者数が多い高校ほど自由な校風、ということは一考に値します。


記事より引用


"東大合格者数ランキング上位校というと、受験のための勉強ばかりさせられるのではないかと思う人も多いかもしれないが、実は逆。上位校ほど、校風は自由であることが多く、授業内容も受験特化型ではない。むしろ特に中学生のうちは、高校受験がないため目先の1点、2点にとらわれず、それぞれに個性的な「真のゆとり教育」といえる教育が行われている。"


"東大ランキングが注目される季節だからこそあえて訴えたい。

学校の価値を偏差値や進学実績で推し量る風潮はいまだ強い。そのような価値観に染まった大人は無意識のうちに、子どもを、偏差値や通う学校名で評価してしまっているかもしれない。

しかし、名門校と呼ばれるほどいい学校の本質的な価値が、決して偏差値や進学実績によるものではないと、ひとりでも多くの人に知ってもらえれば、その風潮を少しでも改められるのではないか。一人ひとりの子どもの可能性にもっと気付いてあげられる社会になるのではないか。子どもたちも、目先のテストの点数ばかりにとらわれなくなるのではないか。もっと自由な生き方を模索しやすくなるのではないか。"