つながるツールとしてのHP

Googleで「学び合い 生物」と検索しても、「学び合い 高校」と検索しても、僕のHPが上位でヒットしました(師匠の鍋田先生もヒットします)。
ありがたいことです。


『学び合い』や、協働学習、アクティブラーニングというキーワードに興味のある方、もしくは実践者の方とつながること。
そして、そうした人々同士をつなぐ「場」を設けること。
そこで一つの「ハブ」として機能できること。
そして、教員も生徒もハッピーな状況を生み出すことに貢献すること。
そんなことを考えている中で、「つながる機会」を増やすツールとしてのHPの位置づけがある程度うまくいっているような気がして、とても嬉しかったです。


最近では、新しく知り合う方でも、HPのコンテンツを通じて僕のことを知ってもらえたり、それをきっかけに二回目のときには対話を深めることができたりしています。
昨日、今日のセンター試験分析会でも、新しく出会った方に興味を持っていただけました。


今後の課題は、「文章量を減らす」とともに、様々なメッセージを「ビジュアライズ」することです。
この一週間の怒涛の忙しさは、もう一週間くらいは続きそうですが、嵐が去ったら、HPもまた少し手を入れようと思っています。


このような情報発信をしてくれる人が増えると、「よりつながりやすい」状況が生まれます。
そうなるといいなぁと妄想しています。