スライド作成の過程

今日のある授業で、先日のシンポジウムの発表スライドを材料に、完成までの流れを実際のファイルを提示しながら説明しました。

①一人ブレインストーミングのメモとその解説
②メモの公開と意見の募集
③メモの内容の整理とプレゼン内容の決定
④スライド作成の基礎知識の確認
⑤スライドの構想と作成


①~③に2週間。
④⑤は2日間。
結局、アイデアを練り、整理していくプロセスが重要なのだと思います。
関連したいくつかの話題もあり、久しぶりにほぼ100分話し続ける授業となりました。


生徒の授業レポートの感想では

●人にものを伝えるというのは色々な方法があるんだなと思いました。とても参考になりました。
●資料作成の方法によって全然伝わり方が違う。フォントや色が違うだけでだいぶ変わるし、ビジュアライズするとすごくわかりやすい。


などがありましたが、こんなものもありました。


●履修でもなく単位も足りているのに生物に来る自分は真面目な変態である大野先生の話が苦になるどころかおもしろいと感じているので、自分も変態であることが確定した。


褒め言葉ととらえておくことにします。